つくし組 芋掘り遠足

10月末、好天に恵まれた遠足となりました。
バスの中では逸る気味落ちを抑えられない様子。
「焼芋グーチーパー」は園内で歌う時より大きな声で合唱しました。
 
やっと着いた農園では「もう掘っていいの~?」と違う区画を指さす子ども達。
もうちょっと待ってね。
さあ準備万端、いよいよ開始です。
「抜けた~♪、抜けた~♪」
「見て~、こんなに繋がっているョ」
「やった~、大きい芋だよ~」とはしゃぐ声。
「掘っても、掘っても、出てこないよ~」と助けをせがむ子。
職員の手助けを「大丈夫」と断り、最後まで一人で掘り続ける子。
 
それぞれが夢中になって楽しみました。
普段とは違うお子様の一面もうかがえ、職員も嬉しい芋掘りとなりました。
 
お昼は近くにある大きな公園に行きました。
芝生にシートを敷き、青空の下でお弁当を食べました。
素敵なお弁当に子ども達は笑顔いっぱいでした。
フタを開ける瞬間のお弁当、ワクワクしますよね。
 
食後、楽しみにしていたのは公園での遊ぶ時間。
食後なので散歩がてら公園内を散策しました。散策の後半にローラースベリ台を発見!
 
ローラースベリ台で子ども達の歓声が響きます。
そして職員の歓声も、…ん?
職員の「キャー」と言う声の方が大きいような…。
 
最後はドーム型のトランポリンで大はしゃぎ。
小さなお子様をつれたご家族の方も利用しておりましたが、ふたごのドームの半分を使わせていただけました。
おかげさまで楽しい時間を過ごせました。
ご協力頂きありがとうございました。
さあ、保育園に帰りますョ。
 
帰園のバスは寝息しか聞こえません。ほとんどの子が寝てしまいました。
 
園に到着、オヤツの時間です。
そして、それぞれお芋のお土産を大切に持ち帰りました。
 
朝早くからお弁当を作っていただいた保護者様、ありがとうございました。
収穫まで立派なお芋を育てて下さった農園の皆様、ありがとうございました。
公園でお世話になった管理員の方々ありがとうございました。
そして、公園のドームトランポリンを半分分けていただいた親子の皆様、
本当にありがとうございました。